釜山ー沖縄ーバリ島.com
トップページへリンクします













ジャワ島-世界遺産・ボロブドゥール仏教遺跡・・Candi Borobudur
バリ島ホテル情報
-KUTA&LEGIAN-
PADMA
    62
-361-752-111
Aston Kuta Hotel
    62-361-765-506
Mandira-beach
     62-361-751-381
-JIMBARAN-
Intercontinental
    62-361-701888
FOUR SEASONS JIMBARAN
     62-361-701010
AYANA Resort&spa
     62-361-702222
-NUSA-DUA-BENOA-
MULIA RESORT
     62-361-3017777
CLUB BALI MIRAGE
   
62-361-300-9544
MERIA BALI
     62-361-771510
GRAND HYATT
Conrad bali
     62-361-778788
sofitel bali nusadua
     62-361-849-2888
-SEMINYAK-
The Haven
THE SAMAYA
THE VILLAS BALI
-UBUD-
THE UBUD VILLAGE
KMANDALURESORT
FOUR-SEASONS sayan
ROYAL PITAMAHA
Galleria Kra Chaai
pusan-okinawa-bali.com

    
                                                                
                   
キンタマー二高原&バツー湖                    
    バリ島のあれこれ

インドネシア共和国の概要

赤道を上下からはさむように点在するインドネシア群島は西のスマトラから東のイリアンジャヤまで東西五千キロに及ぶ、大小15,000以上の島々からなる群島国家です。言語、民族を異にする多民族国家で、人口は約2億人で世界4位。首都ジャカルタのある主島ジャワ島には1億人が住んでいます。

インドネシア共和国(バリ島)の気

熱帯性気候で、おおまかに10月から4月までの雨期と、5月から9月までの乾期に2分されます。乾期においては、気温が30℃〜以上に上がり、まさに熱帯性気候の「熱い」というイメージになり、直射日光が強く日中の観光は汗が噴きでるほどですが、湿度は高くないので木陰に入れば爽やかな風がどこからとなく吹いてきて不思議としのぎ易いのです。
雨期は気温も下がり、風のある夜は時折肌寒さを感じます。端境期の9月・10月や3月・4月は両期の入り混じる季節でもあり気候は不安定です。

バリ島旅行は5月〜9月のベストシーズンに

旅の目的や個人の都合等により時期の選択は異なるにしても、一般的に「楽園バリ島での休暇を楽しむ・・」の旅行であれば、雨期の旅行はきっと落胆します。地域により雨期の在り方も異なりジャワ島及びバリ島辺りでは、雨期の時期は概ね定刻に雨が降り出すし、サット上がるスコールもあるが、意外と日本の梅雨に似て長雨の日も多いのです。空も曇天ならば当然青い海の色は鉛色に見えます。一方、乾期は日中の直射日光は強く、夜はヤシの葉も揺らぐそよ風もひんやりと・・・空も海も青く南海の楽園バリ島のムードを満喫できるでしょう。南海の楽園・バリ島の休日を・・・イメージするなら5月〜9月までの乾期の旅行をお勧めします。
雨期は(10〜4月)、おいしくて珍しいトロピカルフルーツ(マンゴ、ドリアン等)が豊富に出回る季節ですが、一方、高温多湿なこの時期は食物も腐食しやすく、旅行者も健康面には充分注意が必要な時期です。この時期は赤痢、コレラなど伝染病も増え、風土病にもご注意下さい。

注意が必要な祝日の旅


イスラム教の断食明け日(イドゥリ・フィトゥリ)から1週間くらいは多くの企業が休みとなり帰省をする時期(日本のお盆休暇のようなもの)で国中の公共機関やホテルが混雑します、もちろんバリ島への旅行客も多く、いろんな意味でトラブル週間ですので極力避けたほうが賢明でしょう。また、ヒンドゥー教の新年(ニュピ)は一日外出禁止となりますので、ご注意下さい。イドゥリ・フィトゥリ(2月中旬)やニュピ(3〜4月)はイスラム教のサカ暦(casa)により決まるので、毎年同じ日にはならない、従ってこの時期に旅行を計画する場合は確認をお勧めします。

知っておきたいインドネシアのあれこれ-2(タブー)

社会構造や生活習慣が異なる外国では日本の尺度では理解できない事由があります。訪れる国々の生活習慣や生活のリズムを知り、尊重する態度はその国を訪れる旅行者に要求されるマナーです。バリ島ではその90%がバリヒンドゥ-教の敬厳な信徒です。
もちろん彼ら(どの宗教のインドネシア人でも)は他人の宗教にも寛容ですがバリ島を訪れる旅行者としては下記の事項に留意し彼らのタブーに関して気配りが必要と思います。

こどもの頭


幼いこどもの頭部には聖霊が宿っているとされています、つまり日本のように可愛いからといって、こどもの頭を撫でる行為はこの国ではタブーです。
温厚さを大切にする彼らは決して不快感を表わしませんが、心中穏やかではない事を考えてください。

不浄の左

インドネシアでは右手は、物を食べるための手であり、左手は用便後のお尻を拭く手としてはっきり使い分けがされています。つまり左手で物の受け渡しをすると感情的に良くないのは当然のことでしょう。
チップ等を渡す場合も右手を使用するよう心掛けたいものです。どうしても右手が出せない理由があったとしたら、Sorryとかミンタマアフ(インドネシア語:minta maaf:ごめんなさい)など謝意の言葉を添える心遣いを持ちたいものです。

肌の露

イスラム教義では女性は夫以外に素肌を見せてはならないとされています。このため、外国人旅行者でもジャワ島の王宮(クラトン)などではノースリーブや半ズボンでは入場を禁止されることもあるのです。また有名レストランや観光地の寺院も半ズボンでの入場は禁止される場合があります。

郷に入れば郷に従え

時の流れがゆっくりと過ぎるバリ島では、日本の生活と比べてかなりリズム感が違います。どの場所・どの場面でも、そのスローさにともすればイライラしがちな旅行者を見かけますが、しかし一旦そんなリズムのバリ島を訪れたのはあなたですから現地のリズムに合わせ、バリ島の休日を満喫することが・・・でしょう。

今日はあなたがサンタクロース

あちこちの観光地にバスがつくと、どこからともなく物売りがドーッと押しかけ千円・・千円と連呼する物売りの執拗な攻勢にバリ島を訪れる旅行者は困惑し煩わしくなるかも知れません。中には悪質な物売りの被害もあるにせよ、おおかたのこども達は今日の糧を得るために汗をかき必死に頑張っています。今日はひとりのこどものサンタクロースになってあげて下さい。

to bali page All Rights Resesrved,Copyright(C)釜山ー沖縄−バリ島.com since2006