釜山ー沖縄ーバリ島.com
トップページへリンクします













ジャワ島-世界遺産・ボロブドゥール仏教遺跡・・Candi Borobudur

         
           
 
                                  



                                    ホームページ フリー 素材 キラリポイント
pusan-okinawa-bali.com

    
                                                                
                   












                    
    バリ島あれこれ
 インドネシアの果実・buah-buahan
サラッ:Salak(スネークフルーツ)
蛇のうろこのような表皮の果実で蛇の卵のような感じで食欲はないが、味はフルーティでジャワ島からの観光客には人気がある。
マンゴスチン(Manggis)
外皮は焦げ茶色、実は真っ白、味も食感も上品な味。
重量のほとんどが皮の重さみたいです。
バナナ(Pisang)              
バナナピサンマス・ピサンスス・ピサンラジャ・サンアンボンピサンクポッ・ピサンタンドゥックなど数多いバナナがあります、生食するもの或いは料理に使うものてんぷらや、焼いて食べたり用途に応じておいしく食べます。 
スターフルーツ(Sawo)
すっぱい果物で、優雅な名前の所以は輪切りにすると星型である。味より形の故に好まれている。
マンゴー(Mangga)
最大級の賛辞をおくれる果物それはマンゴです。
とってもおいしいとか、甘いとか、香りが良いの連発に続いて今度はその種類の多さを聞かされるマンガゴレ、マンガグドン・・・最後に真打格のマンガハルマニス。この段に至っては垂涎物です。どこで買ったらおいしいとか、どこで採れるのがおいしいとか、1キロいくらするとか、その場にインドネシア人が多ければそのボルテージはどんどん上がっていきます。日本では食べれない味それがインドネシアのマンゴーハルマニス種。

ドリアン(Durian)
芳醇で口の中でとろける感じはチーズのような動物性蛋白質のような味で、栄養も豊富である。ドリアンの食べかすには野犬がたかるし、虎もドリアンが好きなことで知られている。
肉食動物が果物を食べるというようにおよそ果物らしくない果物がドリアンであるドリアンが有名(ノトリアスの方)であるのはその"悪臭"である。
このため一流ホテルでは持ち込みは禁止されているので損害賠償を請求されないように!
スクン:パンの実?
ナンカに近い種に幹生果のパンノキがある。
やつでのような葉で樹高は30mにもなる。
果実の実はパンのようであるが味はさつまいもに近いらしい。
ジャックフルーツ(Nangka)
ナンカは大きな実であるので解体して売ってある。
食べられるのは種の周りの柔らかい部分だけである繊維質が多いが生でも食べられ、味については柿という人もいるし、パイナップルという人もいる種も茹でて食べられる。臭いがやや気になる。 

ここやしの実(buah-kelapa)
ココナツヤシは縮めてココヤシともいう。2,500種類もあるヤシの中で最もありふれたヤシである。インドネシア人の食生活に欠かせない。未熟なヤシは飲料水である。
味はとにかく衛生的である。日本の夏祭りにもヤシのジュースが売られている。
熟したココナツヤシから取り出した実をするおろし水に溶かしたのがココナツミルクである。インドネシア料理にココナツミルクは欠かせない。
ランブータン(Rambutan)
もじゃもじゃの柔らかい毛の生えた、イガ栗に似ている赤〜黄色のタマゴ位の大きさの果物です。            
6-8月と11-1月頃に多く出回ります。味はあま酸っぱくさわやかな美味しいあじです。

その他に西瓜(Semanka)、パイナップル(Nanas)、みかん(Jurek manis)などがあります。
back to bali-page
top
All Rights Resesrved,Copyright(C)釜山ー沖縄−バリ島.com since2006