キンタマー二高原&バツー湖
TOP
釜山ツアーメニュー
沖縄ツアーメニュー
空港税-諸税一覧
お申込みフォーム
まずはお問合せ
メールから
24時間以内に
ご回答します
お役立ちリンク
外務省渡航情報.
海外感染症情報
外国為替レート
福岡空港フライト情報
福岡発-釜山-沖縄-バリ島.com

東南アジアには乾季と雨季の2SEASON若しくは暑季を入れた3SEASONがあります。
我が日本は春夏秋冬の四季があり6月の年間をとおして降水量のもっとも多い時期を梅雨と呼びますが、これも日本の雨季で、つまりは雨が多く降る時期を雨季と呼びます。
しかし、東南アジアの雨季と日本の梅雨時期は状況が異なる事を旅行者は考慮する必要があります。
東南アジアの国々では長い乾季が終わり、やがて恵みの雨が降る雨季がやって来ると、植物に限らず動物たちも活動的になり木々はいっせいに緑を取り戻し、生き生きと生育するまさに命の雨の到来する季節で、その意味では素晴らしい季節なのです。
この雨季の表現として雨季の中で人々の暮らしを観察するとおもしろい?
雨季といっても毎日雨が降るわけではない?
乾季より日ざしが弱く快適で日焼けしない?
雨垂れの音がロマンチック?・・・
等々、雨季を肯定する人はそれなりにいるようですが、しかし、この地域の雨季と日本の梅雨時期とは衛生面で格段の相違があることを考えねばなりませんし、環境の異なる地域にまして雨季に旅行することは、極力避ける事が賢明な判断と思います。
もっとも深刻な問題は、その地に流行する伝染病、風土病がもっとも繁殖する季節だからです。
そして我々日本人はこの土地での病気の免疫も抵抗力もなく無防備だからです。

これは決して東南アジアの国々を蔑視することではなく、現状を確実に把握して行動をおこすべきで、観光旅行に訪れて病気(それも重症な風土病等)に感染することは避けねばなりません

また、雨季・乾季の別なく蚊により媒介されるマラリアやデング熱はとても危険な病気です、すくなくとも、この地を旅する時は、たとえ超一流のホテル滞在の場合もさ殺虫剤を持参するくらいの用心が必要です。
さらにこの雨季には毎年、赤痢、コレラが蔓延し、感染して帰国する旅行者も多いこの地域への不急、不用の観光旅行は絶対に避けるべきで、この地に観光旅行を計画する人々に注意喚起するべきは我々旅行業者の責務でもあると思います。
せっかくの思いで行った楽園バリ島なのに雨に降られ、空も海も鉛色ではがっかりです、おまけに病気になって日本に戻ってくるなんて事は最悪のシナリオですが無計画な旅行にはこんな落ちまでついてくるものです。時期を間違えた旅行に(バリ島)楽園はありません。

特に、食品関係に従事されている方は、感染されると自宅や勤務先まで検疫を受け予想外の状況に発展する事が想定されます、特に抵抗力の無いお子様と年配者のこの時期の観光旅行も謹んで下さい。
    
     
それでも雨季のバリ島へ仕事で行かれる人の必需品・・・
  1. 除菌テッシュ
  2. ミューズ石鹸(手洗い励行)
  3. 紙コップ
  4. うがい薬(うがい励行)
  5. 虫よけ(塗り薬)
  6. 日本製香取線香
  7. 常備薬(正露丸、風邪、胃、バファリン)
  8. 携行薬(ストロカイン(強力下痢止)
  9. 日本製ミネラルウオーター(飲料用約2L)
  10. 屋台、及び現地個人食堂での飲食は控える
  11. ホテルでも生野菜や非加熱の食事はしない(アイスコーヒー等の氷も禁止)
  12. 海外旅行傷害保険の加入(疾病、傷害セット保険)
主な国名 主な地域 雨季
インドネシア バリ島、ジャワ島、スマトラ、スラウエシ、カリマンタン 10月〜4月頃
タイ国 プーケット、バンコク、チェンマイ、   5月〜10頃
ベトナム ホーチミン   5月〜10頃
シンガポール シンガポール 11月〜1月頃
マレーシア マレー半島東海岸,東マレーシア 11月〜2月頃
上記の国を抜粋枠に記載しましたが、その他地区はご確認下さい。
 back bali-page top
All Rights Resesrved,Copyright(C) 釜山ー沖縄−バリ島.com sinc2006